車売る 傷があっても高く売る?

車,売る,傷

愛車を売ろうと決めたら、
次に気になるのが、どのくらいで売れるのか?なるべく高く売りたい!ではないでしょうか?
でも、その車に傷があったら、査定額はいったいどうなると思いますか?

 

車は乗っているうちに、走行中に小石を跳ね上げて小さなキズができたり、街路樹の枝にすってしまったりと、どうしても多少のキズはできてしまうものです。
そのような傷は、査定士もはじめから承知しているので、それほど大きなマイナス査定にはなりません。
自分で修理できるような傷なら修理するのもプラス査定につながるので良いのですが、
あまり慣れていない方が行うとかえって色ムラになったり、目立つ可能性もあるので気をつけてくださいね。
査定を行うときには、車種の経過年数や人気度など、総合的を判断しますので、まずは査定を受けてみるのも一つの手です。

 

 

そして、鈑金修理が必要な位の大きな傷や凹み、塗装のはがれなどについては、マイナス査定の対象となります。
しかし、だからといって安易に修理に出してから、査定を受けるのは失敗の元です。
確かに、プラス査定には結びつくのですが、問題はあなたが支払った修理代金以上のプラス査定にはならないということです。
車買取店は、自社または提携の工場で安く修理することが出来るからです。
プラス査定になったとしても、その範囲内でのことなので、
トータルで見た場合、損になるんですね。

 

 

結局、傷があった場合は、一度査定をして愛車の価値を把握することが先決です。

 

 

>>>愛車の価値を調べるなら、一括査定が早くて便利 当サイトトップページで詳しくご案内しています。