ディーラー下取りで損しないためには

車買い替え時期,車買い替え,下取り,高額,売る,車売却

車買い替えで下取りに出すポイントは、
中古車市場の相場をダイレクトに活かす「車買い取り店」の査定額との比較です。

 

ディーラー、販売店は、車を売る事のために下取りしているのに対して、
車買い取り店は、中古車を再販することがメインなので、
中古車市場の人気の高いモデルなど、かなり高い査定額が期待できるからです。

 

とはいえ、どうしても新車の値引きが難しく、販売台数を上げたいときなど
下取り額にプラスしてくる場合もあるので、
車買い取り額と車下取り額を比べて、メリットの大きいほうに売るのが賢いユーザーの選択。

 

そんな車下取りを通常より高く査定するための方法をご案内しますね。

 

メーカーによって、査定基準は違ってくるのですが、
相対的にみると、国産車の場合、トヨタ系の車下取り額が高いのです。
トヨタ系の販売店は、トヨタ・トヨペット・カローラ・ネッツと
4つに分かれてますが、いづれも査定の基準がいい。
どうやら、他のメーカーに比べて、強い流通ルートを持っていることが関係しているためにできるようなのです。

 

なので、まずトヨタ系で下取り査定をしてから、
他メーカーで下取り査定をするようにすると、査定額アップの交渉の材料になるというわけです。
トヨタ車でなくとも、試してみて損はないだろう。

 

 

>>>車買い替え時期についてはこちらに

 

 

出典:ザ・マイカー 2014年1月号 株式会社ぶんか社