車庫証明をとってみよう!

 

 

車買い替えをする時には、まず今の愛車の買取相場を知っておくことは大事です。
ディーラーの下取り交渉に必要ですからね。
こちらのサービスは、すぐに買取額がわかるので便利! ↓

 

かんたん車査定ガイド

 

 

こちらのサービスは、メールだけで買取の連絡をする業者が選べます。 ↓

 

 

高額買取の業者を見つけるには、出来るだけ多くの見積りを比べるのがポイント。  地域や車種によって、見積り数が少ないときは二つのサービスを併用するのもいいですよ。

 

 

 

 

 

車買い替え時期,車買い替え,高額,売る,車庫証明

車買い替えでも車庫証明は、取得する必要があります。

 

 

販売店で手続きも行っていますが、
代行費用(約11500〜20000円)がかかるので、
車庫証明は、個人で取得するかたも多いですね。

 

 

そこで、車買い替えで車庫証明をご自身でとる方のために、その方法をご案内したいと思います。

 

 

車の保管場所ですが、今まで使用していた車庫以外を用意する場合は、

 

■自宅から直線距離で2キロ以内
■車道から支障なく出入りできる
■車道から支障なく出入りできる

 

などの条件を満たしていなければ車庫証明はとれません。

 

 

自分で車庫証明を取る方法

 

 

車の保管場所の管轄の警察署に必要書類を取りにいきます

 

(都道府県の警察署ホームページから、プリントすることも可)

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所の所在図、配置図
  • 保管場所標章交付申請書
  • 自認書または保管場所使用承諾書

 

 

書類に必要事項を記入します

 

※車買い替えで同じ場所を車庫にする場合、
「保管場所の所在図・配置図」に、
今まで使用していた車の車両番号や車名などを記載します。

 

そして、車庫の地図と敷地のどこに車を止めるかを書くのですが、
ネットの地図サイトなどを参考に書けばカンタンです。

 

 

※「自動車保管場所証明申請書」と「保管場所標章交付申請書」に、車体番号を書きます。
ディーラーに車が届いたら教えてもらいましょう。

 

 

※自宅を駐車場にしている場合「自認書」に自分で記入、押印します。
契約駐車場の場合、「保管場所使用承諾書」に不動産屋などで記入、押印してもらいます。
駐車場賃貸契約書で代用できるケースもあります。

 

 

書類の準備が出来たら、警察署の交通課に提出します

 

提出の際には、車の本拠地が確認できる免許証か住民票が必要です。

 

都道府県によっても違いますが申請時には、約2000〜2200円程度かかります。

 

 

車庫証明を受けとりにいきます

 

車庫証明が交付されるには、約1週間程かかります。

 

受けとり時には、保管場所標章ステッカー代金 500円位を支払って、
自動車保管場所証明書と保管場所標章番号通知書を受けとれば完了です。

 

自動車保管場所証明書→ディーラーに
保管場所標章番号通知書→自分で保管
保管場所標章→車に貼ります

 

 

>>>トップページ