軽自動車税と消費税の変化

 

車買い替えをする時には、まず今の愛車の買取相場を知っておくことは大事です。
ディーラーの下取り交渉に必要ですからね。
こちらのサービスは、すぐに買取額がわかるので便利! ↓

 

かんたん車査定ガイド

 

 

こちらのサービスは、メールだけで買取の連絡をする業者が選べます。 ↓

 

 

高額買取の業者を見つけるには、出来るだけ多くの見積りを比べるのがポイント。  地域や車種によって、見積り数が少ないときは二つのサービスを併用するのもいいですよ。

 

 

 

 

 

消費税,軽自動車,エコカー

 

2014年4月から消費税が8%に上がりました。そして2015年10月には、10%に上がることが予定されてます

 

消費税増税については、こちらの記事でもご紹介していますが、一般消費者にとっては、かなりダメージが大きく、駆け込み需要の反動もあり、新車販売台数も落ち込みを見せました。

 

 

ただし、軽自動車に限っては、増税直後も落ち込みを見せず、
売れ行きの波はありますが、相変わらず好調な売れ行きを維持しています。

 

 

 

軽自動車の自動車取得税は、消費税アップにともない3%から、2%に引き下げになりました

そして、最終決定していませんが、2015年に消費税が増税すると同時に、この2%の自動車取得税は
廃止される予定です。

 

 

 

軽自動車税は、2015年(平成27年)4月1日から増税されます、増税を避ける手段とは?

 

  現行 2015年4月からは? 増税額
乗用・自家用 7200円 10800円 3600円
乗用・営業用 5500円 6900円 1400円
貨物用・自家用 4000円 5000円 1000円
貨物用・営業用 3000円 3800円 800円

 

 

※2015年4月からは、乗用・自家用車で、軽自動車税は1.5倍はね上がってしまいます。
とはいえ、金額にすると年に3600円程度なので、許容範囲かも・・と判断している方もいるでしょう。

 

軽自動車の一つ上のクラスである661〜1000ccクラスの自動車税になると、
29500円と、一気に3倍近く高くなるので、やはり軽自動車の維持費の安さは魅力ですよね。

 

 

また、軽自動車への買い替えを予定していて、来年4月以降の増税を避ける方法としては、2015年3月までに新車を購入するか、それまでに登録された中古の軽自動車を購入すれば、税制が変わらない限りは、軽自動車税は7200円でOKです。