ディーラー下取りだけで判断しない・・・

,車買い替え,下取り

車の買い替えで今までの車を下取りに出す場合についてお話ししますね。

 

下取りとは、新車や中古車を買うときに
現在の愛車を販売店に買い取ってもらうことを言います。
買取ってもらった代金は、車の購入費用の一部として使われるので、
現金のやりとりは発生しません。

 

昔から、車買い替えの時に行われる方法で
今でも、車を売却するといえば「下取り」をイメージする方も少なくないでしょう。
なんといっても、車の購入と車の売却が、一か所で済むので
車買い替えの手続きが楽だということが魅力です。

 

ただし、下取りに出すことには楽な面もある一方、
一般的に、車買い取り額に比べて、下取り査定額が安い!
というデメリットがあります。

 

それは、販売店が車を売るために、下取り制度を取り入れていて、
メイン業務ではないためです。
中古車市場に敏感な動きができなかったり、
再販ルートが限られているから、大胆な査定額がつけられないのですね。

 

そして、下取り額だけを見ていると、
最終的に得してるのか、損してるのかわかりづらくなってしまいます。
販売店では、新車や中古車の値引き額・装着オプションの無料サービスや値引き額・ローンを組んだことでの値引き補填
そして、下取り査定額をトータルで考えて値引きを調整しているからです。

 

例えば、最初に、車両価格が10万円の値引き。
そして、下取り額を40万円と査定されて、
その後、車両価格の値引きは変わらないまま、下取り額が50万円まで高くなったとします。
でも、本来、車両価格の値引きは、25万円まで出来たとしたら?
単純計算ですが、販売店は、5万円分もうかってますよね?

 

このように、販売店はトータルで考えて、金額を調整しているので
口車にのってしまわないように気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

車買い替えは、出費と入金をトータルで考えるのが大切

 

車買い替えの際のオススメの流れとしては、
販売店で、値引き額と下取り額を交渉する。
それと同時に車買い取り店で、下取り車の査定もする。
そして、より高い査定額を出した方で下取りすればよいのです。

 

あなたの考えることは、

  • 販売店で車を購入した代金 − 車下取り額 
  • 販売店で車を購入した代金 − 車買い取り額

この二つで比べて、どちらが得するか? ということ。

 

 

新車を購入するときと同じように、車買い取り業者も
複数の業者を比べて、より高い査定額を勝ち取りたいもの

 

今は、店舗に行かずともネットで簡単に査定額を比べることが出来るので、
ぜひ、試してみてくださいね。

 

 

>>>ネットで行う簡単査定はこちら