車を売るなら走行距離をよく見て!

車を買い替える時には、必ず今の車を売却することになりますが、
高く売れれば、その分新車を安く買えるのと同じことなので
なんとしても、高額査定を狙いたいものです。

 

そこで、高く愛車を売るための
車と走行距離の関係
お話ししたいと思います。

 

車買い替えについては、いくつかの理由をトップページでもお話ししていますが、
高く下取りに出せるということで考えると3万キロ、5万キロ辺りが、
大きく買取査定額が変わる走行距離になります。

 

普通車は、年間標準走行距離を1万キロ、軽自動車は、8千キロと言われているので、
年数でいうと、3年から5年程度乗っている頃ですね。

 

もちろん、今の車は性能も耐久性も向上しているので、
まだまだ走行するのは問題ないのですが、年数・走行距離が増えるにつれて、
部品交換や故障など、メンテナンス代金は確実にかかります。

 

基本的には、走行距離が少ないほど、
車は高く売れますが、
3万キロ、5万キロが、一つの目安になっているので、
この走行距離を超えると、車の買取額が大きく変わるのです。
(特に5万キロで、差が付きます)
ですから、3万キロ、5万キロに走行距離が近づいた辺りで、車の買い替え時期を考えているなら、
超えない程度に走行距離を抑えるのも、車を高く売るには必要なテクニックといえるでしょう。

 

今、あなたの車は何万キロ走っているでしょうか?
車を売る時に、走行距離は意識しておきたいポイントですよ。