ETCを車の乗り換えのときに外す?

あなたは、ETCは車を乗り換えるときにはどうしますか?

 

そのままの状態で車を売りますか?
それとも、取り外してから車を売りますか?

 

ETC車載機の価格は、1万円程度とそれほど高いものではないので、
装着していることによって、大幅な査定額アップになるわけではありません。
若干、プラスになる可能性があるくらいですね。
査定評価でいうと、埋め込み型のETC車載機の方がプラス査定が高くなる傾向があります。

 

もしも、あなた自身で取り外して、新しい車に装着できるようであれば、
それも良いでしょう。
ただし、車についての知識や配線系統についての知識がないと、ちょっと難しいです。
上手く行わないと、かえって傷が残りマイナス査定の元になってしまうかも知れません。

 

つまり、移動することによるプラスよりも、取り外したことによるマイナス・手間が
大きい可能性があり、ETCは車買い替えの時には、そのままの状態で売ることが望ましいでしょう。

 

その場合、車の売却先でETC車載器の再セットアップは行うのが一般的。
個人情報の流出など、心配している方もいると思いますが、
ETC車載器には、ナンバーなど車に関する情報だけが入っているのでご安心くださいね。

 

 

もし、ETCを移動して使用する場合には、ETC車載器のセットアップをしなければいけません。
新しい車の情報をインプットしなおすのですが、これはディーラーやカー用品店などで行ってもらえます。
この場合、セットアップ料金がかかります。
ETCマイレージサービスを使っている方は、登録情報の変更を行えば、
貯めたマイレージポイントは引き続き使えます。

 

また、新しいETC車載器をつけた場合には、登録してある車両番号と車載器管理番号の変更手続きが必要です。