事故車の査定では正直に伝えるのがベスト?

事故車を買い替えるときに、
修復歴があることを隠して、事故車の査定を受けようとする人がいますが、
これは、おすすめできない言動です。

 

 

ただし、わざわざこちらから、
申告するのがベストというわけではありません。

 

 

通常は、査定士が事故車かどうか?という事は必ず聞いてくるはずですから、
そのときに、つい査定額を高くしたいあまりに嘘をつかないこと!
後から、査定額の減額要求など面倒なことになります。

 

 

契約書、誓約書などに、
「修復歴があるとわかったら返金」などと一文がある場合、
査定額の返金を請求されても仕方ありませんが、
事故歴のあることを聞かれてもいない。
プロである査定士が、事故車であることを見抜けなかった。
契約書にも、事故歴の有無について何も記載がない。
なんて場合には、担当の査定士のミスですね。
普通は、プロであれば見れば
事故歴があることは、わかって当然ですから。

 

 

 

また、事故車といっても、
フレーム、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、
ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエーターコアサポート
を修復や交換するような車を、修復歴車(事故車)と呼ぶので
実は、あなたの車は、査定に響くような事故車でない場合もあります。

 

 

事故歴を伝える時には、
事故後の車の状態、どのように修理したかをきちんと伝えてくださいね。

 

 

>>>事故車でも、車は財産!売る事は可能です!