セレナ買取査定で損しないための方法

セレナの誕生は、1991年。
日産の歴史あるダットサンやバネット(コーチ)のフルチェン後継車としてバネットセレナが発売され、その当時は商用引き合いの多くあった「バネットバン」が突然生産中止となり、セレナのカーゴ版も発売されました。ミドルミニバンとして、初代の「バネットセレナ」はファミリー層からの評価も高く、現行車は4代目であり、カタログ燃費15.4km/l、16.0km/l(JC08モード)、アイドリングストップ、S-HYBRID(スマートシンプルハイブリッド)の搭載などエコ技術満載の車として市場から多く受け入れられ国内ミニバン販売台数は常に上位の人気車です。

 

セレナ買取査定

 

さて、中古市場ですが、販売期間の長いこの車ですが、初度登録から約5年(全グレード対象)の業者間オークションの買い取り価格は、80〜250万といったところです。

 

 

外観は角をとった流れるデザインに、3列8人乗り、ウォークスルーでの大型キャビンを実現したこの車は全車種共に安定して人気車といえるでしょう。

 

 

特に高年式車で「ハイウェイスター」「ライダー」といった仕様車やSVH車(スマートハイブリッド)は中古市場でもとても人気もありますので、下取りであっても、必ず複数の買取査定業者にあたった方が間違いなく高値を呼び込めるでしょう。

 

 

数年落ちの比較的新しい車では、グレードや仕様によっては買い取り査定200万を軽く超えてくるケースもあるので、全般的に強気で攻められる車といえるでしょう。

 

 

⇒セレナは強気で売る!セレナの買取査定で損しない比較サービスはこちら

セレナ買取査定で損しないには?記事一覧

セレナ 値引き情報セレナ値引きの限界値は、約33万円(2015年8月)セレナの値引きをするときの交渉術としては、同じ地区の日産系販売店で競合されるコト。ノア、ステップワゴンなども値引き額を競い合わせましょう。今の時期、ライバル車と比較すると値引き額が引き出しやすいのがセレナ。オプションを無料サービスしてもらうことも今だと結構イケル場合が多いのでお試しを!価格帯:2,246,00〜3,105,000...