パッソを買取相場よりも高く売る秘訣

 

パッソ買取

 

パッソ買取

 

パッソは、ダイハツと共同開発したトヨタのコンパクトカー。
ダイハツ製は「ブーン」として販売され、女性をターゲットとした車で価格も低価格化されています。
ボディカラーバリエーションも多く、2トーンの設定も可能です。
他車に同じく定番要素の大きい「シルバーメタリック」は、カラーの中では需要も高くプラス査定してくれる業者もあるでしょう。

 

顧客層が女性ですので、査定する側としても年式や走行距離は言うまでもありませんが、内外装の程度がとても重要になってくる車種なので、査定前には車内外をきれいにしておくとよいでしょう。

 

 

パッソ買取

パッソ買取について

 

平成22年式 1.0 プラスハナ 走行距離1.5?2.0万km 一括買取サービス(3社)利用で、55万円(H27.03)。

 

上記の買取価格は、あくまでも事例であり、グレード 走行距離、カラー、キズの有無、凹み、事故歴、装備など時間経過とともに価格変動するのはもちろん査定業者によっても買取額は大きく変わってくるので、あくまでも参考として下さい。

 

パッソですが発売当初から10年以上経過している車もあり、買い取り価格がつかないもしくは、数万円となっています。登録より5年以上となった場合は、30〜40万円、6〜8年では、20-30万円程度となってくる傾向があります。

 

前述のとおり、ボディカラーは、女性目線で作られた車だけあり、多彩なカラーが中古車展示場を飾るケースもあります。購入する側にとっては、低走行かつ程度の良い車を低価格で購入できる車種でもあります。

 

売却の場合は、他車と違い、程度の良い中古のパッソを入庫待ちをされている女性客もいる場合も多いと聞きますので、一括買い取り査定を利用するなど、なるべく多くの査定をとって比較するのが得策です。

 

 

⇒トヨタ パッソの査定で得する方法はコレ