ヴィッツ 買取相場が高いワケ

ヴィッツ 買取相場はあるけど、まだまだイケル!!

 

ヴィッツ,買取,相場,ヴィッツの買取相場

 

今や低燃費コンパクトカーで人気のヴィッツ。
日産マーチなどと共にコンパクトカーの火付け役であり、カラーバリエーションは、とても豊富な車種です。
コンパクトながら、後部座席をフラット化することができるのでその点、小さなボディーながら収納力も高く、低コストで利便性は非常に高い車と言えます。
カローラに同じくデビュー以来、個人はもとより、法人からの引き合いが多く、銀行、大手コンビニでも正式採用している車です。
中古市場での流通量も多く、人気の高い車なのです。

 

ヴィッツはコンパクトカーの中でも断然買い取り価格が高いのが特徴です。
他社のコンパクトカーと比較すると年式によって2倍以上の値がつきます。
特に海外輸出では、車種が限定されますが、このヴィッツに限っては、飛ぶとうに売れています。
50万、100万kmも走る海外においては、日本の10年10万qといった寿命論のような考えは贅沢としか思えないでしょう。
ディーラー査定などで下取り0と言われた過走行低年式車であっても買い取り一括査定してみる価値はある車です。

 

 

⇒ヴィッツの買取価格を無料で調べる一括査定についてはこちらの記事に!

 

 

ヴィッツ 買取相場をチェック!

 

ヴィッツ 買取相場が高値である一例を挙げてみましょう。
平成18年式、走行距離2.5?3万km のヴィッツを車買取専門店の一括買取サービス(8社)利用で、高値で26万円(H27.06)。
ディーラーでの下取りだと、およそ下取り価格がつかないとされている低年式のヴィッツでも、これだけの査定額がつくのが現状。

 

ですから、ヴィッツを車の買い替えで手放す場合は、
低年式だから、10年落ちだからとあきらめるのではなく、過走行車のような走行距離もあるヴィッツでも、車買取り店で一括査定はおこなってみる価値は十分あります。

 

実際の買取価格は、走行距離、カラー、キズの有無、凹み、事故歴、装備など時間経過とともに、変動するのはもちろん査定業者によっても買取額は大きく変わってくるので、例え10年近く経過した低年式車や下取り0を告げられた車であっても、必ず複数の買い取り業者にあたってみた方が良い結果になるでしょう。

 

ヴィッツは流通量が多く、車の程度や走行距離は言うまでもありませんが、売却時期によっても査定価格が大きく変動する車種でもあります。ファミリーカーとしての需要の多い大型連休前や決算前等、売却時期を変えるだけでも査定価格が大きく変動する場合もありますので環境を見ながら売却するのも良いでしょう。

 

 

ヴィッツ 買取相場よりも高く売るには?記事一覧

トヨタ ヴィッツ。。。コンパクトカーの定番ともいえるモデル、1300ccエンジンはアイドリングストップ機構を標準装備、ベーシックエンジンでも十分な低燃費を実現しています。2015年6月にマイナーチェンジされましたが現行モデルは、ボディ剛性も高まっているので、ハンドリング感がしっかりとしています。トヨタ ヴィッツの値引き額を最大限引き出すテクニックとしては、用品値引きと下取り車を高く売ることを、併用...