自動車税は車売却するとアノ時に戻ってくる

今のクルマが高く売れればその分、次の車を安く買えることになるので、買取業者の査定額の比較は必須
こちらは、すぐに概算額も表示されるので相場の目安を知るのにも便利! ↓ 

 

 

 

 

 

既に自動車税を支払っていて、車売却をした場合は
自動車税は戻ってくるのでしょうか?

 

 

自動車税は、毎年4月1日現在の車検証の所有者に、1年間分の支払義務があります。
(ローン中で、所有者が違う場合、使用者に課税される)

 

 

そして、例えば5月に自動車税の支払いを済ませ、
7月に車の買い替えをした場合、ほとんどの方は、車買取店などでそれまでの車を売却すると思いますが、
支払った自動車税に関しては、
車買取額に含んで見積りを出したり、査定をするときに担当者と話をして決まる、のようなスタイルが多いので、査定前にしっかりと自動車税の還付については交渉をしておくのがいいようです。

 

 

車検証の残期間、車の状態によって、
その車を廃車(抹消登録)にするか、一時使用中止にするか、名義変更をするか、海外に輸出するかなどを車買取店が判断します。
このうち、廃車や一時使用中止や海外輸出などをする場合には、役所から月割りで自動車税が還付されます。

 

 

また、車買取店によっては、
委託販売のような形式をとって買取をする業者もいます。
そのような場合には、車が売れた段階で翌月以降の月割りの税金を
新たな購入者に請求するので、既に納めた月割りの税金が戻ってくることもあります。

 

 

 

ディーラーの下取りに関しては、月割りでディーラーから返金されることが多いです。
ただし、ディーラーによっても対応が違うケースもあるので、
ディーラーで下取りする前に、納得いくように説明をしてもらいましょう。
その際には、注文書など書面に記載してあるほうが安心です。

 

 

>>>自動車税の還付も含めて、納得のいく車買い替え業者を見つけるには?

自動車税は車売却時、○○の時に還付されるって知ってた?記事一覧

車を売却・廃車する場合の自動車税について、わかりづらい点をまとめてみました。自動車税の支払いを口座振替にしている場合、車を買い替えたらどうなるのでしょうか?同じ運輸支局内で住所や氏名が変わらなければ、自動的に継続されます毎年4月1日の所有者が自動車税を支払うということは、6月や7月など、年度の途中で車を購入するときには支払いはしなくてもいい?年度の途中で車を購入した場合、新規に登録した月の翌月から...