車買い替えで補助金が!いくら?いつまで?有効活用マニュアル

 

車買い替えをする時には、まず今の愛車の買取相場を知っておくことは大事です。
ディーラーの下取り交渉に必要ですからね。
こちらのサービスは、すぐに買取額がわかるので便利! ↓

 

かんたん車査定ガイド

 

 

こちらのサービスは、メールだけで買取の連絡をする業者が選べます。 ↓

 

 

高額買取の業者を見つけるには、出来るだけ多くの見積りを比べるのがポイント。  地域や車種によって、見積り数が少ないときは二つのサービスを併用するのもいいですよ。

 

 

 

 

車買い替え時期,車,買い替え,補助

車買い替えたいんだけど、補助金って出るのかな?

 

あの車種を狙ってるんだけど、いくら位補助金は出るんだろう?

 

 

 

今、車買い替えや車の購入などで、
お目当ての車種を選んでる方へ、補助金関係の情報です。

 

 

平成26年(2014年)10月現在、
新車を買うときの補助金制度として、国から、

 

クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金(CEV補助金)がでます。

 

平成26年度の申請受付は、7月1日から開始しており、
平成27年3月6日(必着)までの応募分が最終期限です。

 

 

 

(平成27年5月追記)
CEV補助金は、平成27年3月9日より平成27年10月7日(必着)まで延長となりました。
車種例

  • ミライ 上限202万円
  • アイミーヴ 上限71万円
  • プリウスPHV 上限30万円
  • CX-3(ディーゼル) 上限16万円

 

 

 

 

なお、公式ホームページは、毎日更新されています。
もし予算額が少なくなってきたら、早めに終了するので公式ホームページで、チェックすると最新の情報がわかります。

 

 

CEV補助金の申請は、自分ですることも出来ますが、ほとんどの方は、ディーラーが代わりに申請しているので、車買い替えの日程と申請期限日を把握しておく程度で大丈夫でしょう。

 

CEV補助金は、平均すると申請してから2〜3ヶ月で、全額一括で振込されます。確認したところ、2014年(平成26年)6月時点では、約3ヶ月で振込されているそうです。振込日が決定した時点で、振込確定通知書が郵送されます。

 

 

クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金(CEV補助金)の対象車は
電気自動車やプラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル車。
例えば、パジェロやエクストレイル、プリウスPHV、リーフ、CX-5などが対象とされています。

 

対象車の補助金一覧(次世代自動車振興センターより)は、こちらをご覧ください。
http://www.cev-pc.or.jp/hojo/pdf/meigaragotojougen.pdf

 

 

 

また、ローンで新車を購入する場合にも、補助金を受け取ることは可能です。一般的に、ローンで車を購入した場合、所有者はローン会社やディーラー名かと思いますが、その場合でも、購入者自身が補助金を受けとります。

 

 

CEV補助金を受け取ったら車を売るのはいけないの?!

 

クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金(CEV補助金)を受け取るには、
その車を4年間保有する義務があります。

 

では、補助金を受け取ったら、4年間は絶対に車を売る事は出来ないのでしょうか?

 

もし、車を手放したいときにはどうすれば?

 

もらった補助金は全額返金しなければいけない?

 

 

いえいえ、車を売る事は可能ですし、全額返金とは限りません。

 

 

補助金を受け取って、4年以内に車を売りたい場合の手順をご紹介しましょう
 

 

@まず、なんらかの事情で補助金を受け取った車の売却を決めた場合
次世代自動車振興センターのホームページより
財産処分承認申請書をダウンロードして、必要事項を記入して郵送します。
勝手に車を売ってはいけません。

 

A1週間から10日位で承認書が郵送されてきます。
※承認書が送られてきたら、車の売却をしても問題はありません。

 

B承認書とともに同封されている報告書に名前と車の処分日を記載して、
車を売却した価格がわかる書類のコピーを郵送します。

 

C返納額についてのお知らせが届くのでそれに基づいて、返金して終了です。

 

※今回ご案内した手順は、4年以内に車を売却した場合の一般的な流れになります。
事故車になったから売却するときなど、特殊な場合は除きます。

 

 

車を買い替える場合については、こちらの記事も参考にしてください