自動車保険と料率クラスの関係

自動車保険料に影響する料率クラスってどう?

 

 

車買い替え,保険料

 

 

前回の記事でもご紹介しましたが、
車にはそれぞれ料率クラス(1〜9)が設定されてます。

 

 

国内メーカーの主な車種についての料率クラスは、概ね4と5(中間)が多いようです。
たとえ同じ車種でもグレード違いでランクが変わってくる場合もあるので、以前乗っていた愛車のランクと乗り換えするクルマのランクを、車買い替えの時には比べてみてくださいね。

 

 

「車両保険」については、事故の発生率はもちろん、車両価格が高くなるほど車両保険に対する「車両ランク」が高くなる傾向があります。

 

 

つぎに、自動車保険に自動付帯される基本の「対人保険」「対物保険」ですが、これも事故の発生率が高いのはもちろん、車両重量や排気量、スポーツカーが、高ランクになる傾向が見られます。
車重があり大きな排気量のスポーツカーは、事故発生時に相手に大きな損害を与るということなのでしょう。

 

 

なお、運転者自身、搭乗者の体に対する「搭乗者傷害・人身傷害保険」ですが、これは車内のドライバーや同乗者の受ける損害の程度を示していると考えられます。
当たり前ですが対人や対物のランクに同位する傾向があります。

 

 

最後に、車買い替えを検討する際、乗り替えしようと思った車のランクは保険会社や代理店などに連絡すればすぐに教えてくれます。
買い替え後の自動車保険料も算出してくれます。

 

 

買い替えによって、車両本体のランニングコストは下がっても保険料が下がるとはかぎらないので車買い替えの際には注意したい点ところです。

 

 

車の買い替え時の注意点!

 

車の買い替え時に注意したいことは、
任意保険料もですが、決して安いといえない金額が動くので、出来る限り出るものは減らす工夫を重ねること。
その一つの方法が、車の下取り額(買取額)の見直しです。

 

こちらのカーセンサーの一括査定サービスでは、複数の買取専門業者の見積もりが比べられます。
メールで対応する業者が選べるので忙しい時期にも便利に使えます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒トップページ

 

自動車保険は料率クラスが影響している!関連ページ

保険料が上がってしまった時に!同じレベルの車なのに・・・
車買い替えで自動車保険料が上がることがあります!保険料率が同じような車種だとしても違うこともあるから。料率クラスが最上位の車って?
クラスの違いで20%高くなる自動車保険料って?
車買い替えで保険料が上がるとき、それは料率クラスが変わってしまったからということが挙げられます。料率クラスが1クラス上がると、なんと20%も保険料は高くなってしまいます。