自動車保険を見直すと節約になる

 

 

 

昨年(2013年)は、自賠責保険を含めて、任意保険も次々と値上げを重ねましたが、
だからといって、保険自体、節約する性質のものではありませんよね。

車買い替え,自動車保険,任意保険,安い

クルマを運転する以上は、
交通事故の可能性はなくならないし、
いざ事故を起こしてしまった時には、自賠責保険だけでは到底まかなえません。

 

 

だからこそ、必要なものを残し、無駄な負担を減らすための
自動車保険の見直しは、車買い替えや更新時期をきっかけに習慣づけるといいかもしれませんね。
そこで、今回は車買い替えなどで、自動車保険を見直して安くすることについてご説明しますね。

 

 

 

通販型だと代理店の手数料がかからない分、安く保険に加入できます。
もし、今あなたが、代理店型の自動車保険に入っているならば、通販型の保険会社の見積りを出してみればすぐに、その安さが実感できるはずです。
ただし、金額だけで判断をせずに、実際に必要な補償が足りているかはきちんと確認しましょうね。

 

 

自動車保険の免責額を高めに!

平成25年(2013年)6月から、免責金額を高くして保険料を安くすることができるようになりました。
事故を起こして、車両保険を使うと等級が下がり、
契約更新後の3年間は、事故ありの等級になってしまいます。
それを考えると、本当の大事故以外は自分で払うのも結果的にいいかも知れません。

 

 

余分な補償は削る!

人身傷害補償保険は、多岐に渡って補償があるので、
家族がいない場合は、削ってもいい補償もあるでしょう。

 

 

自動車保険は長期で契約してみる!

保険料を3年契約で、前払いしておくメリットは意外とあります。
例えば、事故を起こしたときには、
翌年から割高になり、事故有り等級になってしまいますが、
3年で契約しておけば、
最初から、問題なく3等級上がったとして、保険料を前払いしているので、
4年目に事故有り等級になるというわけです。

 

 

親族から等級は引き継げる!

実は、同居親族の等級は引き継ぐことができるんですよ。
クルマを廃車にするときに、保険を止めますが、
その時に、「中断証明」をもらっておくのです。
例えば、同居のご両親が高齢になりクルマを手放すとき、
または、逆に自分がクルマを手放す時にも
中断証明をもらっておくと、子供などが、その時の等級で引き継げるため
割安で保険に加入ができます。
ただし、「中断証明」は、有効期限はあるので確認しておきましょう。

自動車保険を見直す5つのコツ【無駄な負担は増やさない】記事一覧

「車を買い替えたら自動車保険料が上がってしまった!」なんて経験、お持ちではないでしょうか??自動車メーカーが違うだけで、同じレベルの車に買い替えたにも関わらず、自動車保険料が上がってしまった方経験のある方いますよね?「な・なんでなんだぁ〜〜!」なんて疑問に思いませんでしたか?そこで、簡単にですが自動車保険のしくみについて解説してみますね。クルマは、車種や型式によって保険料が変わってきます。よく、テ...

自動車保険料に影響する料率クラスってどう?前回の記事でもご紹介しましたが、車にはそれぞれ料率クラス(1〜9)が設定されてます。国内メーカーの主な車種についての料率クラスは、概ね4と5(中間)が多いようです。たとえ同じ車種でもグレード違いでランクが変わってくる場合もあるので、以前乗っていた愛車のランクと乗り換えするクルマのランクを、車買い替えの時には比べてみてくださいね。「車両保険」については、事故...

車買い替え時に注意 クラスが違うと保険料はどう変わる?前回お話した車種毎に料率クラスが設定されているということですが、この料率クラス、1クラスが上がると保険料は約20%も高くなるんですよ。料率クラスが「1」の車と比較すると、「5」の車は保険料がおよそ2倍、「9」の車はなんと約4倍にもなります。料率クラスは、毎年1月1日付で見直しされ「車両標準価格表」に反映されます。ということは、同じ車に乗り続けて...