中古車の税金が減税?(自動車取得税編)

中古車,税金,減税,自動車取得税

中古車を買うときにも、
新車と同じように税金がかかってきますが、全く同じとは限りません。
中には、100%減税(免税)になることもあるんですよ (^o^)

 

 

例えば、クルマを購入するときにかかる「自動車取得税」は、
新車の場合、消費税抜きの車両本体価格に0.9をかけた金額(課税標準基準価格)と
オプション代金を合計したものに対して、
自動車取得税が課税されます。

 

 

それに対して、中古車の場合は、
ベースになる取得価額が、経過年数に応じて減額されます。
そして、取得価額が、50万円以下になった場合は、
自動車取得税が100%減税(免税)になるんですね。
中古車の取得価格は、新車購入時の課税標準基準価格に、下記の残価率をかけた金額になるので、
登録から、時間がたてばたつほど安くなるということです。
中古車を購入するときには、免税になるタイミングを意識して、
購入する時期やクルマの年式を考慮すると、自動車取得税分がオトクになりますよ。
※基本的に、普通自動車は6年、軽自動車は4年以上たつと、課税対象外となります。

 

 

 

こちらが、経過年数に応じた残価率になります
クルマを購入してからの経過年数 普通車 軽自動車
1年 0.681 0.562
1.5年 0.561 0.422
2年 0.464 0.316
2.5年 0.382 0.237
3年 0.316 0.177
3.5年 0.261 0.133
4年 0.215 0.1
4.5年 0.177 なし
5年 0.146 なし
5.5年 0.121 なし
6年 0.1 なし

 

そして、お得な制度といえば「エコカー減税」がありますが、
中古車もエコカー減税の対象になります。
その辺りはこちらの記事で説明してます。

 

 

 

 

>>>車の買い替え時期を迷っているならこちらの記事がお役にたちます。

 

>>>カンタンに希望の中古車を探すときにはコチラに