自動車購入諸費用 (自動車取得税・消費税編)

クルマを買う時には、車両価格以外にも、自動車購入諸費用として4種類の税金と4種類の費用が必要になってきます。
今回は、4種類の税金のうち、自動車取得税・消費税について説明します。

 

2014年〜2015年にかけて、かなり自動車関連の税金の比率が変わりますが、
全体的に、どんな感じに動くのか
さっくりとでも、頭に入れておきたいですね。(2013年1月のデータです)

 

自動車購入諸費用 4種類の税金のうちの自動車取得税・消費税について

 

車買い替え時期,車買い替え,自動車購入諸費用

自動車取得税
自動車取得税は、クルマを購入したときだけ課税される税金です。
課税額は、課税標準基準価格(新車価格の約90%)に、オプションなどを加えた取得額の5%(軽自動車は3%)

 

※2014年4月消費税が8%になったら、登録車3%、軽自動車2%に減税されます。

 

※消費税が10%になった時点で、自動車取得税は廃止される予定でしたが、
消費税が2017年4月まで延長されることが決まり、先送りされることになりました。
(2015年度税制改正大綱より)

 

エコカー減税対象車の場合、自動車取得税は免税または減税されます。

 

中古車の自動車取得税は、課税標準基準価格に残価率をかけた額に対して課税されます。

 

 

消費税
車両本体価格以外にも、代行費用に5%課税されます。

 

※2014年4月1日以降の登録車は、消費税は8%に増税されます。
※2015年10月には、消費税は10%に増税される予定です。

 

 

 

 

 

自動車税・軽自動車税についてはこちらの記事にまとめています

自動車取得税・消費税は車を購入するとこれだけかかる関連ページ

車を買うときの自動車重量税はいくら?
車を買うときには、車両価格の他にも、税金など諸費用がかかります。今回はそのうちの自動車重量税について説明しています。
自賠責保険はいくら位かかりますか?
車を購入するときには本体価格以外にも、4種類の税金と4種類の費用がかかりますが、今回はそのうちの自賠責保険について説明していますね。
納車費用ってかかるんですか?
車購入するには諸費用がかかります。今回はそのうちの納車費用について説明しますね。
登録代行費用は節約するポイント
車購入するには諸費用がかかります。今回はそのうちの登録代行費用編について説明しますね。
リサイクル料金は車を買うときにいくら払うの?
車購入すると色々な諸費用が発生します。その額なんと約30万円!ちょっと驚きですよね。納得のいかないものは支払いたくない!その内訳はどうなってるんだ!と疑問をお持ちの方に、車購入時の諸費用について説明しています。