車を売るときの書類関係について

車買い替え時期,車買い替え,高額,売る,車売却,書類

車買い替えの際には、それまでの車を下取りや買取りなどにかけて売却をしますね。
売却前には、まず車の査定を行いますが、
その時に必要な書類については、こちらの記事で紹介しています。

 

期待通りの査定額が出たら、いよいよ愛車の売却です。
そこで、車買い替えの書類、車売却の際に必要になるものについて説明しますね。
※車を売るときに慌てないように、事前に確認、準備をしておきましょう。

 

車の売却で必要な書類はこちら

車検証(自動車検査証)

車が自動車保安基準に適合していることを証明する公文書
もしも、失くした場合は、運輸支局で再発行をしてもらいましょう。

 

自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証)

車に乗る時に必ず加入をしなければならず、
加入をしていないと車検を通すことも出来ないので、強制保険とも呼ばれています。
もしも、紛失した場合には、保険会社で再発行をしてもらいましょう。

 

自動車納税証明書(軽自動車の場合は「軽自動車税納税証明書」)

毎年、5月末頃までに納める、自動車税が支払い済みであることを証明する書類
もしも、失くした場合は、各都道府県の税事務所で再発行をしてもらいましょう。
(軽自動車の場合は、市区役所で再発行)

 

実印

市区町村役場で「実印登録」したもの

 

印鑑証明(印鑑登録証明書)

実印を登録した役所や市町村の出張所などで発行。
車を売る場合、発行から3カ月以内のものが必要になるので、早めに用意しておいてもいいですね。

 

リサイクル券

リサイクル料金が支払い済みであることを証明する書類
もし、失くした場合は、「自動車リサイクルシステム」のサイトから (http://www.jars.gr.jp/)
「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷して代用します。

 

 

>>>トップページ