車の査定で必要な書類があります

車買い替え時期,車買い替え,高額,売る,車売却,書類

車を売るには、まず査定士が査定を行って、
中古車としての価値を計ります。

 

査定の際に必要な書類は2点

  1. 車検証(自動車検査証)
  2. 自賠責保険証明書

 

車検証(自動車検査証)は、
車が自動車保安基準に適合していることを証明する公文書です。
記載内容は、

  • 初度登録年月日(年式)
  • 初度登録年月
  • 車体番号
  • 型式
  • 型式指定番号
  • 類別区分番号
  • 自動車登録番号(ナンバー)
  • 所有者の氏名(名義)
  • 有効期限の満了する日(車検期間)

などが書かれています。

ローンで車を購入している場合は、所有者名義が販売店や金融機関になっているはずです。
この場合は、勝手に車を売る事は出来ませんが、手続きをふめば大丈夫です。
こちらの記事で車買い替えでローンが残っている場合について説明していますが、
今は、業者が代行して手続きを行っているので、車買取業者に相談してくださいね。

もしも、車検証(自動車検査証)を紛失した場合には、運輸支局で再発行をしてもらいましょう。

 

 

自賠責保険証明書は、車に乗る時に必ず加入をしなければならず、
加入をしていないと車検を通すことも出来ないので、強制保険とも呼ばれています。

もしも、紛失した場合には、保険会社で再発行をしてもらいましょう。

再発行手続きには、

  • 自動車損害賠償責任保険証明書 再交付申請書
  • 身分証明書類
  • 印鑑

などが必要となってきます。

 

2点とも、運転時に携行が義務付けられているので問題はないと思いますが、
スムーズに車の査定を受けるためにも、確認をしておきましょうね。

 

 

 

>>>トップページで車買い替えについて説明しています。

 

車の査定で必要書類は?記事一覧

車買い替えの際には、それまでの車を下取りや買取りなどにかけて売却をしますね。売却前には、まず車の査定を行いますが、その時に必要な書類については、こちらの記事で紹介しています。期待通りの査定額が出たら、いよいよ愛車の売却です。そこで、車買い替えの書類、車売却の際に必要になるものについて説明しますね。※車を売るときに慌てないように、事前に確認、準備をしておきましょう。車の売却で必要な書類はこちら車検証...