車買い替え時期っていつ?ベストなサイクルは?ポイントは何?

車の買い替え時期を決める時には、
買い替える車の買取価格と新車の購入価格の見極めが大切です!

買い替え,13年落ちの買い替え,買い替えで入出金を考える

つまり、車の買い替え時期には新車の価格の値引き交渉はもちろんのこと、
買い取り(下取り)に出す中古車を出来る限り高く売ることをセットで考えるのが必要不可欠になってくるのです!
※こちらの記事の下に、車の買い替え時期を決定するきっかけについてまとめてますので参考にしてくださいね。

今の愛車を出来る限り高額で売ることが車買い替え時期には損しない一つのポイントになります

 

車の買い替え時期で買い替える車を売るときに大切なのは
一番高く中古車を査定する買取店を探すコト

 

買い替え時期,買い替えのタイミング

 

車買取店ごとの、その時期の在庫数、再販ルートなどによる得意車種の違いなどで、
車の買取り価格は、店舗によってかなりの違いがあります。

 

1社だけの見積りをとっても、高いか安いかわかんないですし、もちろん相場すらわかりません。
それに、比べるだけで価格競争も起きて、時期によっては数十万円も査定額が変わることもあるんですよ!車の買い替え時期には複数の業者の見積りを比べるのは外せません。

 

買い替え

車買い替えの時に、下取り車を高く売るには、
できるだけ多くの見積りを比べることですが、
車種や地域によっては、あまり見積り数が集まらない時期もあります。

 

そんな時には、二つ、三つの一括査定サービスを併用してみるのも損しないためのポイントになります。

 

ちょっとしたことですが、
10万円単位で査定額が変わってくることもあるので、車買い替えで下取り車を売る時にはぜひお試しくださいね。

 

買い替えのタイミング

 

一括査定サービスを使うと、車を必ず売らないといけないの?
と心配する方もいますが、そんなことはありません。
あなたが満足する見積りが出なければ、売る必要は全くないので、
車の買い替え時期にはぜひ気軽に試してみてくださいね。


 

 

かんたん車査定ガイドの特徴

東証一部上場の
株式会社エイチームが運営している かんたん車査定ガイド

提携の買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の安心優良企業だけなので個人情報の取り扱いも安心できます。
最大で10社から査定が可能
ガリバー・カーチス・カーセブンなど大手買取会社が競って最高額を目指します。車買い替えのときには、まずチェックしてほしい!

価格 評価 備考
車査定 0円 評価5 今、最も注目を集めているサービス♪
かんたん車査定ガイドの総評

おすすめポイントは入力項目も少なく簡単、
申し込みして約1秒でクルマの査定額がわかるので、ディーラーに行く前に、
急いで買取相場をチェックするときにも便利です。
車買い替えの時期に確実に査定額をあげたい方にぴったり!

カーセンサーnetの特徴

カーセンサーnetは、雑誌カーセンサーでもおなじみのリクルートが運営。
買取業者情報も確認できるカーセンサーnetは、
査定業者の数も多く、最大30社から買取査定。

価格 評価 備考
車査定 0円 評価4.5
カーセンサーnetの総評

査定依頼の画面で出張査定や事故車への対応、
メールでの回答の可否などを確認できるので条件にあった会社を選べます。
メールだけでおおよその買取価格を知りたい方におススメ♪

ズバット車買取比較.comの特徴

株式会社ウェブクルー運営のズバット車買取比較.com
大手を含む150社以上の買取業者から厳選された最大10社が競い合います。
ガリバーやラビットなど、多くの買取業者の入札形式の値付けは
手軽なオークション感覚でオススメ。
査定額満足度61%と、利用者の満足度が高いのも安心できます。

価格 評価 備考
車査定 0円 評価4
ズバット車買取比較.comの総評

中古車の査定前後のわからない点などに答える窓口も用意している等、ユーザー目線のサービスを展開している好感度の高い会社です♪

車買い替え時期を決めるきっかけは?

 

買い替え,乗り換えのタイミング

 

何年も乗ったから!10年・10万キロ以上乗ったからそろそろ車買い替える?

 

車買い替えをする時期を調べてみると、
平均すると、7年目に買い替えをする人が多いというデータが出ていますが、
下取り車の買取額を考えると5年目までに売却すると高く売れやすいから車を買い替える、保証期間があるうちに車を買い替えるという意見も。
また、10年落ちや10万キロ以上の走行距離になると、整備交換する部品代金や工賃は確実に高くなるのでその辺りも車の買い替えでは考えておきたいですね。

 

例えば・・・

  • タイミングベルト
  • ウォーターポンプ
  • フューエルフィルタ・ポンプ
  • ラジエータホース
  • ラジエータキャップ
  • サーモスタット
  • プラグコード
  • マフラー

 

パーツは使用する限度を超えて使い続けると、
思わぬトラブルが起こる可能性が高いので、

 

車検や定期点検の時期に交換することになりますが、
この金額も意外とバカにできないんですよね。
消耗してくる部品代は、車検代金が高くなる原因の一つ。
修理箇所が増えてきたら車の買い替え時期のサインともいえますね。

 

車検の時期になったから車を買い替える!

 

車検の時期に合わせて車を買い替えるる人は多いですね。
つまり新車で購入してから、3年後、5年後、7年後、9年後にその車を買い替える人が増えるということです。

 

 

車検費用は、車種やコンディションによって違いますが、10〜18万円が相場と言われています。
それに加えて、交換する部品や修理代金がかかってくるので、クルマのコンディションによってはかなりの出費になります。
その費用を2年ごとに払い続けるのであれば、いっそその時期に車を買い替えてしまったほうがいいと判断するようですね。

 

 

その他にも、事故を起こしたとか故障が多くなってきたので車を買い替える方や
ガソリン代金が高い(燃費が悪い)から買い替える、結婚・出産などでクルマの使用状況が変わる時期に買い替える、車のモデルチェンジ時期(4〜6年)に合わせて買い替える、エコカー減税があるからなども、車の買い替えを決める時期として多いですね。

 

 

結局のトコロ、車買い替えの時期はいつがベストなんだろう??

 

今が、車買い替えの時期なのか?
はたまた買い替えずにその車の寿命がくるまで乗りつぶすか?

 

経済的なことだけを考えた場合は、車は買い替えずに15年20年と消耗品を交換するなどメンテナンスをしながら乗りつぶすのがお得ではないか?という考え方もあります。

 

ただ、車は古くなればなるほど安全性能や燃費性能が落ちるのは間違いありません。
この辺りのことを考えると、車を買い替えせずに乗りつぶすまで乗るのが、果たしていいのか?疑問ですよね。やっぱり安全第一ですし、エコ、燃費がいいほうが経済的にもお得ですし。。。

 

また、車は13年目以上の低年式車になった場合、
自動車重量税や自動車税などの税金関係が高くなります。(ディーゼル車は10年(平成26年度))

 

 

税金以外にも、10年以上経過すると故障や消耗品の劣化も激しくなるので、トータルで考えると
もっと早い時期に車買い替えをしてしまったほうがいいといえます。

 

車が安く買える時期を買い替えの時期にするのはいかがでしょうか?

 

車買い替えの時には、
売るクルマを高く買取に出し、買うクルマを安く購入することが一番お得な買い替えの考え方の基本となります!

 

ということで、車買い替えをお得にするためのもう一つのポイント、安く車を買うために新車の値引きが交渉しやすい時期について説明しますね。

 

買い替えの時期やタイミング,買い替えの考え方

 

 

新車を購入するときに値引きがしやすい時期はいつ?

 

月末時期に車買い替えをすると・・

毎月15日から25日の時期が新車購入の狙い目です。

 

その月のノルマを達成できてない営業マンが通常よりも値引き額を増やしやすい時期がココ。
25日を過ぎると翌月分の売り上げとなるので、
ガチで交渉するなら、25日までの時期に済ます方が強気な交渉が出来るハズ。
新車を購入する時期としてお勧めの時期の一つ!

 

 

3月・9月の決算時期に車買い替えをすると・・・

3月20日前後の週末までと9月20日前後の週末までの時期が決算期の売上となります。

 

各メーカーとも決算期の時期は、株主関係に業績が良いことをアピールしなくてはならない時期のため、
販売店に支援金を回し、販売台数を上げるよう活を入れる時期。
つまり、消費者である私たちにとっては新車の値引きが期待できるので車買い替えにぴったりな時期となるわけです。

 

 

 

夏・冬のボーナス時期に車買い替えをすると・・・

ボーナスの時期は余剰金を手にした人々が、クルマの購入・車買い替えが多い時期として、
各メーカーも、ボーナスフェアなどを必ず企画していますね。
通常よりも、新車購入の際に大幅な値引き交渉がききやすい時期となるのです。

 

 

 

中古車買い替えを検討している方へ!

お得な中古車情報!非公開車両を探す秘訣はコチラ

 

新車で交通事故に遭った場合に、車買い替えが認められる?

 

■新車で交通事故にあった場合に車買い替えが認められるか?

 

原則、車買い替えが認められるには修理が不能である事が必要。
裁判例⇒車両が物理的、または経済的に修理が不能と認められる、あるいは、車買い替えすることが社会通念上、相当と認められる時。
このような場合、車買い替え費用として車両時価額が認められる。
被害車両が中古車の場合は、新車への買い替えが認められない。

 

 

■車買い替えの場合の登録手続き関係費などの諸費用が、損害として認められるか?

 

車を買い替える場合、検査・登録費用・車庫証明費用・自動車取得税・消費税は損害として認められる。
自動車税や自賠責保険料は廃車となった場合、還付を受けることが出来るため、損害としては認められないということになります。

 

 

 

 

当サイトでは、車の買い替え時期や車の買い替えについて、新車をお得に購入できる時期などの情報を記載しています。買い替え時期については一概に言うことはできない部分もあります。というのは使用する頻度によって消耗する時期が異なってくるからです。買取価格がある程度つくまでの時期に買い替えるというのであれば、目安は7年未満、走行距離にして8万キロに達する時期となります。高く車が売れる時期にというのであれば、6年前後までがベターです。(ベストは3年3万キロ未満)とはいえ、買い替えたい時期を買い替え時期にする(笑)人間は衝動で買い物をするそうですが、車についてもこの考えは王道なのかもしれません。そうなるとまだローンの支払いが残ってる時期の買い替えとなってしまいますが、今は買取店でうまく相殺することもできますので、一度相談してみるとよいでしょう。
また、自動車税の請求時期は毎年5月ですが、4月1日時期の車の持ち主に請求されます。つまりこの時期以前を買い替え時期とすることで、自動車税は請求されませんが、次の車の購入時期に合わせて残りの未経過分については支払ます。
車の買い替え時期を決めるには、修理代金や車検代金の累計が車の購入費用の50%になったら買い替え時期というのは以前からの定説です。この時期を過ぎてしまっても乗り続けることはできますが、修理してもまた故障してという繰り返しになり、本来の買い替え時期を過ぎてしまいます。
アクアへ買い替え、レクサスへ買い替え、シエンタへ買い替え、カローラへ買い替え、フィットへ買い替え、プリウスへ買い替え、ヴォクシーへ買い替え、ノートへ買い替え、デミオへ買い替え、ヴェゼルへ買い替え、ヴィッツへ買い替え、シャトルへ買い替え、ハリアーへ買い替え、ステップワゴンへ買い替え、VWへ買い替え、アウディへ買い替え、BMWへ買い替え、ポルシェへ買い替え。また、買い替え時期を決めるための得する補助金などの時期についても掲載しています